抜かないための歯周病の患者学
歯周病(歯槽膿漏)の原因からチェック方法、治療法など、歯周病に関する総合情報サイトです。歯周病の予防や正しいブラッシングの方法もご覧ください。[目白歯周病学研究会]
 
 
歯のしくみ
歯周病のメカニズム
歯周病の進行
歯周病の原因
歯周病の見分け方
歯周病に関与する病気
歯周病辞典
歯周病Q&A
歯周病セルフチェック
歯周病菌の検査
基本治療
歯を抜かない外科治療
再生療法
ブラッシングで歯周病予防
調和のとれた噛み方
定期検診のすすめ
ブラッシングの方法
歯磨きの実験
デンタル・グッズの使い方
 
主催者:目白歯周病学研究会
 
<歯科医師の方へ>
臨床家のための実践ペリオセミナー ベーシックコース
(春のコース 秋のコース 6日間)
初心者でもわかる!
なるほど歯周治療
認定歯科衛生士の資格取得をめざすキャリアアップセミナー
 
歯周病(歯槽膿漏)の進行
 
健康な歯肉        
  歯肉の色 薄いピンク色  
  歯肉の形態 歯と歯の間に入り込んで弾力があり、引き締まっている。ブラッシングでは出血しない。  
 
歯肉炎        
歯肉にのみ炎症が起きた場合で骨には影響が無い状態。  
  歯肉の色 赤みを帯びる。  
  歯肉の形態 歯と歯の間の歯肉が丸みを帯び膨らんでいる。ブラッシングで出血する。
歯と歯肉の境に付着している歯肉中の細菌が毒素を出し歯肉に炎症をもたらします。歯肉が赤く腫れだすと、腫れた歯肉と歯の間(ポケット)にますます歯垢が溜まり悪化します。
 
 
歯周炎        
骨や歯と骨が接合している繊維(歯根膜)まで炎症が進んだ場合。  
  歯肉の色 赤紫色  
  歯肉の形態 歯と接している歯肉がさらにぶよぶよと腫れ、退縮する。ブラッシングで出血や膿が出る。
歯と歯の間が広がり、食べ物もよく詰まる。歯肉が退縮して、歯が長く見える。
 
 
 
健康な骨   崩壊した骨
 
炎症はさらに進み、ポケットは深くなり深部の歯垢中の細菌は毒性が強く骨(歯槽骨)を破壊し、溶かします。
 
 
 
(C)2004 目白歯周病学研究会 抜かないための歯周病の患者学 All rights reserved.
目立たない矯正歯科、舌側矯正装置とインビザライン、見えない矯正歯科大全