抜かないための歯周病の患者学
歯周病(歯槽膿漏)の原因からチェック方法、治療法など、歯周病に関する総合情報サイトです。歯周病の予防や正しいブラッシングの方法もご覧ください。[目白歯周病学研究会]
 
 
歯のしくみ
歯周病のメカニズム
歯周病の進行
歯周病の原因
歯周病の見分け方
歯周病に関与する病気
歯周病辞典
歯周病Q&A
歯周病セルフチェック
歯周病菌の検査
基本治療
歯を抜かない外科治療
再生療法
ブラッシングで歯周病予防
調和のとれた噛み方
定期検診のすすめ
ブラッシングの方法
歯磨きの実験
デンタル・グッズの使い方
 
主催者:目白歯周病学研究会
 
<歯科医師の方へ>
臨床家のための実践ペリオセミナー ベーシックコース
(春のコース 秋のコース 6日間)
初心者でもわかる!
なるほど歯周治療
認定歯科衛生士の資格取得をめざすキャリアアップセミナー
 
歯のしくみ
 
歯の仕組みを知ることは、歯周病(歯槽膿漏)にならないためのスタートです。
歯というのは、1日に5000〜7000回も噛むといわれています。しかもその時、大人1人分の体重と同じくらいの圧力がかかっています。 その圧力に耐えていられるのは、歯自体が非常に硬いものでつくられており、しかも頑丈な土台で支えられているからです。 もちろん、そのために、歯肉も丈夫であるからです。
歯は、肉眼で見える「歯冠部」と歯肉に埋まった「歯根部」とに分かれています。そして、歯冠部と歯根部の境目で、歯肉に囲まれた部分を歯頸部といいます。
歯冠部 しかんぶ
歯冠部の主体は、象牙質という硬い組織でできています。歯冠部ではこの象牙質を「エナメル質」という組織がおおっています。エナメル質は人間の体の中で、もっとも硬い組織です。
歯槽骨 しそうこつ
歯を支えているのは、アゴの骨がのびた歯槽骨です。ここに歯根部が埋めこまれています。
歯髄 しずい
歯髄は歯の神経ともいわれ、硬い歯に生身の感覚をあたえ、栄養を補給します。
歯根膜 しこんまく
歯根膜は線維の集まりで、硬いものを噛んでもアゴに伝わらないように、クッションの役割をしています。また歯根膜には知覚神経が通っていて、歯ざわりや歯ごたえを感じとり、固いものは固く、柔らかいものは柔らかく噛めるようになっています。このため、柔らかいものばかりを食べていると、強い力で噛む力がおとろえ、やがては柔らかいものしか噛めなくなってしまいます。また、歯が1本抜けたのをそのまま放置しておくと、それに対応する歯には、まるっきり力が加わりませんから、その歯の歯根膜や骨がおとろえてきます。
 
 
 
(C)2004 目白歯周病学研究会 抜かないための歯周病の患者学 All rights reserved.
目立たない矯正歯科、舌側矯正装置とインビザライン、見えない矯正歯科大全